フォーミュラハウスの住まい

3階建て住宅 狭小地・変形住宅 ガレージハウス 店舗・店舗併用住宅
ガレージハウス

●シトロエン・ハウスの建て方

80年前、フランスにおいて大量生産・低コストを掲げて、車を大衆の手に届けようと車造りを試みたメーカーがありました。
シトロエンです。
その頃、それと限りなく似た名前を持つ住宅が若き建築家によって造られました。
建築家の名前は「ル・コルビジェ」。
ドミノシステムという建築作法を使い建てられる習作のタイトルは「シトロアンハウス」。
この1字違いのネーミングをもって習作を世に問うたのです。
これが車と住宅との太い絆の始まりです。
その昔、馬や牛といった動物が車の代わりをしていた時代、馬や牛を家族としての暮らしをしていました。
今は馬車がセダンやワゴンと呼ばれる車に変わり、愛車と暮すための住空間が多様性をもって模索されています。

●フォーミュラハウスで建てる理由

フォーミュラハウスはドミノシステムの建築作法を取り入れ、重量鉄骨ラーメン構造で造られます。
柱と梁・床板と階段の組み合わせで造られる建物はロングスパンが確保でき、軽やかな力強いガレージ空間を造ることができます。
取りっ放しの大空間上に住居を造ったりすることもでき、耐震設計に基づいて全棟構造計算により安全確認されます。
ビルトインガレージ、世田谷ベース風ガレージ、カフェバーのあるガレージ、工場風なガレージ等々・・・。
車と住まうガレージハウスにはクライアントの色々な夢が広がります。
重量鉄骨で造られるフォーミュラハウスは個性豊かな絶対的価値観で造られます。
ガレージハウスの施工例はこちら
ネットワーク回線工事の実施に伴い、平成29年7月19日(水)0:00 〜 05:00の間、サービスが停止します。
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。